不動産売却

売却問い合わせ

人生の中で経験することがほとんど無い不動産売却には、不明点や不安がたくさんあると思います。国の政策や税金等、そのときの経済情勢の変化にしっかりと対応し、上手な売却を進めていきましょう。

あなたの住まいを上手に売却する方法

あなたの住まいの売却が決まったら、上手に売却する方法を考えていきましょう。できる限り高く売りたいものですが、まずは、相場をよく知り、適正価格を考えてみましょう。相場に合わせて、高すぎず安すぎずの価格を設定することが大切です。どうしても相場と同じか、さらに上の金額を設定してしまいがちですが、そこはよく相談しあい、決めていきましょう。どんなに素敵な物件であってもあなたの住まいだけが適正価格を上回って売れるということはまずありえないことと考えてみましょう。
似たような多くの中古物件の中からあなたの住まいを選んでもらい、さらに値引き交渉なく販売できることが、結果的に上手に売ることができたということになります。 希望価格通り売るための販売戦略を考えていきましょう。

住宅、マンション買取無料電話

不動産無料査定依頼はこちら 不動産無料査定依頼

不動産売却には買取と媒介(仲介)の2つの方法があります

買取とは?

不動産業者に買ってもらうことです。買主が不動産業者になりますので、売れるかどうかの心配がありませんし、すぐに現金化することができるようになります。また、不動産業者によっては、リフォームや家具類等の荷物の処分も行い現状のまま買取してくれる場合もあります。しかし、一般的に相場より安い価格になることが多いです。

媒介とは?

不動産業者が広告等をしながら買主を探して売却することです。売却が成立すると仲介手数料(売買代金の3%+6万円)が発生します。売れるまでは、維持費等の諸経費を負担することになります。より高く売るためにリフォームを検討することが必要になる場合もありますが、時間をかけながら高く買ってくれる方をじっくり探すことができます。

買取と媒介、どちらがお得?

買取は、買主が決まっているので安心して売却することができます。媒介は、時間をかけて買主を探すことになりますが、買取より高く売却することができるかもしれません。お客様のニーズに合わせたベストな方法をご一緒に検討していきましょう。

↑ PAGE TOP