あなたの住まいを上手に売却する方法

売却が決まったら

住宅、マンション買取無料電話

住まいの売買をするときは、個人間売買ではなく、不動産会社を通して売買を行うことをお勧めします。
不動産会社が仲介をして売買契約が成立したとき、その不動産会社に仲介手数料を支払いますが、個人間取引ではその費用が必要ありません。
しかし、不動産売買では、契約書等の書類作成に関する専門的知識を持ち、物件情報のメリット・デメリットの正確な把握、さらに住宅ローンの審査を通すといったことが必要になります。特に物件情報の正確な把握を怠ると、売買成立数年後住宅に不具合が生じたときに大きなトラブルが起こりやすくなるのです。個人間売買は知人・友人・親戚等と行うことが多いものです。トラブルが発生した場合に問題がさらに大きくなる可能性があります。慎重に判断して下さい。

売却ポイントA「売却価格を理解する」売却ポイントA

↑ PAGE TOP