*

住宅が一番動く時期とは

公開日: : 02.不動産相談室

住宅の売買には、その物件が動く時期というものがあります。

売りたいと思うタイミングは、

雪が降る前の9~10月くらい。

そして、買いたいと思うタイミングは、2月~新学期が始まる頃。

これは、学校の入学など人が動く時期にも関わってくるのかもしれません。

また、お盆明け~雪が降る前あたりも動きます。

北海道という地域の特性もあり、

いずれも雪が降る前に動きたいという考えが強いですね。

また、短い夏の間を楽しまなければならないので、

お盆前は、ほとんど動きません。

住宅ひとつひとつも動く時期というものが

それぞれあるのではないかと感じることがあります。

売出を開始してから少し時間が経っているにも関わらず、

急に問い合わせが増えることがあります。

そして、購入希望者がでてくると、なぜか他からも申し込み!

結局、申込者が重なってしまい、

どちらか一方が悔しい思いをされたという状況が多々あるのです。

なぜなのでしょうね。

住宅ごとに違うその「物件が注目される時期」は

私たちにもなかなか読めません。

いずれにしても、同じ物件は他には存在しないということ、

大きな買い物で仕方がないことですが、

決断を躊躇してしまっているうちに

他の方が購入してしまうことがあることが多々あるのです。

住宅の動く時期を考慮しながら、

沢山の住宅を内覧して

良い住宅を見抜く力をつけていきましょう。

気になる物件情報をご連絡いただければ、

当社で詳細を調べることができます。

お気軽にご相談ください。

*****☆*****☆*****☆*****☆*****☆*****☆

旭川の不動産会社「株式会社ホームスター」

★不動産に関する相談、お問い合わせは、

0800-800-8633(通話料無料、相談無料、秘密厳守

★ホームページはこちら

http://www.homestar-jp.com

★相続に関するご相談は

http://www.homestar-jp.com/sell/souzoku.htm

★住宅ローン滞納に関するご相談は

http://www.homestar-jp.com/sell/index.htm

0800-800-8633(通話料無料、相談無料、秘密厳守)

ホームページからも問い合わせ可能です。

http://www.homestar-jp.com/question/index.htm

★FaceBook

https://www.facebook.com/homestar.jp/

★LINEからのお問い合わせもお気軽に!
●スマートフォンから
下記「友だち追加」ボタンをタップして追加してください。
友だち追加数

●ID検索から
LINEアプリを起動→[その他]→[友だち追加]→[ID検索]で、

「@homestar-jp」を入力・検索して追加してください。

 

 

関連記事

自宅に住み続けながら売却する方法

自宅に住みながら家を売却することが出来ます。 例えば、 1.長期住宅ローンによる家計の圧

記事を読む

旭川で開催のセミナー講師を引き受けることに・・

いやー、セミナー講師を行うことになりました。 それも、当社で加盟しているIREMJAPAN 北

記事を読む

今日は大阪です!

おはようございます、植西です。今朝は大阪にいます。23日まで、相続アドバイザー養成講座を受講しており

記事を読む

不動産の販売価格について

おはようございます! 問題解決型不動産コンサルタント 植西です。 媒介(仲介)にて売却を依頼さ

記事を読む

不動産管理はお任せください。

不動産オーナーの皆様 テナントや入居者とのトラブルに悩んでいませんか。 賃貸経営は、入居

記事を読む

住宅、土地の売却相談、どこに頼めばいい?

縁あって、最近では旭川市内近郊に限らず、 日本全国対応で相談をお受けさせていただいております。

記事を読む

持ち家をどうするか。

当社のメイン業務は、 売却したい不動産を持つお客様の全力サポートです。 多くの不動産会社

記事を読む

2017年不動産相談業務、本格的始動!

先日、旭川の地域情報紙「ライナー」さんに 2017年最初の広告を出しました。 &nb

記事を読む

不動産買取しております!!

こんばんは! 植西です。 当社では、直接お客様から不動産を買取しております。 例えば下記

記事を読む

成功させましょう! あなたの住まいを上手に売却するポイント

弊社より無料プレゼントさせていただいてます小冊子、 「成功する売却のポイント」

記事を読む

Message

メールアドレスが公開されることはありません。

  • 「不動産取引」に際し、第3者的立場でお客様に合った最適な問題解決策をご提案させていただくため、しっかりとご相談内容をお伺いさせていただき、不安や心配、疑問など様々なニーズに確実に対応させていただけるよう体制を整えております。どうぞお気軽にご相談ください。⇒ ホームページはこちら
PAGE TOP ↑