PAGE TOP ▲

家族信託セミナー 予約フォーム

開催日:2019年6月8日(土)
時 間:14:00〜16:00
場 所:大雪クリスタルホール
   (旭川市神楽3条7丁目1)
参加費:無料(ただし事前の予約が必要)
定 員:30名 ※申込先着順
主 催:株式会社ホームスター
後 援:旭川市、旭川市教育委員会、FMりべーる

新しい相続対策〜家族信託セミナー〜

先日、ある息子さんから相談を受けました。
父が持っている家を売りたい。父は既に認知症にかかり入院している。
もう家に戻ることはできない。
そして、父が施設に入るためのまとまったお金が必要。
家を売却して資金を作りたい。

 親の家の処分についての相談は最近特に増えてきている問題の一つです。
認知症にかかってしまうと正しい判断ができない状態となり、意思確認ができないため、家を売却することができません。成年後見人をつけるという方法もありますが、費用と時間がかかり、希望通りの売却をすることは難しくなります。
 では、他に方法は無いのでしょうか。
 相続対策の一つとして、今『家族信託』という制度が注目されています。認知症になってしまう前に、財産の管理や処分を行うための権限を信頼できる家族などに託す制度です。判断能力があるうちにこの信託契約を結ぶことが必要ですが、契約の内容は自由に決めることができます。例えば、元気なうちは家に住み続け、認知症が進むにつれて施設への入居が必要となったときは、その家を売却することで資金に充てるという契約を結んでおくことができるのです。たとえ認知症になっても先に契約していた家族に処分してもらえるので、財産凍結という事態を防ぎ、さらに成年後見人制度を利用しなくてはならない事態を避けることができます。
 相続財産が少なくても、相続トラブルは発生します。大切な財産を有効的に使えるように早めに対策をしていきましょう。

財産を持っている人を「委託者」、管理を任せる財産のことを「信託財産」といいます。 「信託財産」を実際に管理してもらう(預かる)人を「受託者」といい、
そして、その財産から得られる収益を得る人のことを「受益者」と呼びます。

家族信託セミナー参加申し込み

メールアドレスは正確に入力してくださいますようお願いします。
お申込頂いた後1〜2日以内にこちらから受付確認のご連絡をメールでお送りいたします。連絡が無い場合は情報が正しく送信されていない可能性がございますので、お手数をおかけしますが、再度ご連絡くださいませ。
尚、お客様の個人情報は秘密厳守で対応いたしますのでご安心ください。  (プライバシーポリシーへプライバシーポリシー

申込情報

お名前:
ふりがな:
住所:
電話番号:
FAX番号:
メールアドレス:
※PCメール受信可能のアドレスをご入力下さい
補足等: