あなたの住まいを上手に売却する方法

4.不動産会社に仲介を依頼する

では、どの不動産会社に依頼するのがいいのでしょう。
不動産会社は依頼を受けた物件をレインズという業者間の物件情報交換システムに登録することになっているので、物件を探す会社は平等にここから物件情報を引き出すことができるようになっています。つまり、あなたの住まいは誰もが平等に検索して選び出すことができるのです。ですので、会社を選ぶ基準として規模の大小はあまり変わりはありません。
大事なことは、どのように販売していくかということです。さらに、担当してくれる営業マンの取り組む姿勢も重要です。
まずは、査定をしてもらう時にその会社の対応などをチェックしましょう。
あなたの住まいをどのように判断して査定したのかを説明してもらい、販売方法を確認しましょう。物件を紹介する場面は、各インターネットサイトや地域の情報紙など様々なツールを活用していくものです。販売ターゲットをどこに絞るのか、若いファミリーなのか、夫婦二人だけなのか、あるいは大家族対象なのか、しっかり見極めて販売戦略を練っていかなければ、なかなか売れません。
あなたに代わって購入希望者に売り込んでもらうのですから、その会社があなたの大事な住まいを気に入ってくれていなければ、良さも伝わりません。売却プランを明確にし、そのプランを一緒に考え達成してくれる誠実な不動産会社を選択しましょう。

ホームスターの販売活動

売却のご依頼を頂いた不動産を、地域の方はもちろん、購入を検討されている全国の方へ"広く・深く・スピーディ"に広告し、たくさんのお問い合わせをしていただけるように活動します!!

  • レインズ(不動産流通機構)への登録で、他の不動産会社への顧客へもご紹介。
  • IRIやアットホーム、スーモ、連合隊などポータルサイトに登録。
  • インターネット・SNS・自社ホームページをはじめ、多数の不動産紹介ページとのリンク。フェイスブック、インスタグラム、LINE、Twitter、Youtubeやtiktokでもご紹介。
  • わかりやすい広告看板を設置。
  • オープンハウスの開催。入居中のお家でもご希望に応じて開催します。
  • 登録会員様へのご紹介。すでに当社にて購入を検討されている方に対してご紹介します。事前の購入相談で希望条件を確認しているので、結論が早くなります。
  • 近隣へのご挨拶。ご近所にお住まいの方の親御様、お子様、知人様が近くに住みたいと希望されている場合もあります。立地条件や住環境について一番理解されているので、成功率も高まります。
  • 弁護士、司法書士・税理士、リフォーム会社・引越し業者等の提携先からの紹介

ホームスター独自の販売戦略

  • 360度カメラ撮影で、部屋の間取り図と合わせながら、あたかも室内を行き来しているような閲覧を。
  • 紹介動画の作成でYoutubeやtiktok、その他SNSも活用し、遠方の方でもよくわかるよう工夫した販売。
  • 生活の汚れは、美装して販売。
  • ホームステージングで印象を高め、価値を上げて販売。
  • クロス貼替など、プチリフォームして価値を高める。
  • 庭木を剪定してスッキリとした外構に。
  • 売り出す前に正しい測量。
  • 古い建物は解体して更地販売。
  • 大きな土地は、分筆して売却。

売却ポイントD「売却プランを考える」売却ポイントDへ

↑ PAGE TOP